MENU
じゃぱざむLINE@バナー
カテゴリー
なお
じゃぱざむ運営主
20歳 | WEBメディアの会社で部長をやりながら、じゃぱざむ・特化メディア・WEB制作~コンサル・SEOディレクター・投資・就活相談など幅広くやっています。
今井
エンジニア志望の大学生
21歳 | 独学でWebアプリ開発の勉強をしながら、IT系の記事執筆・アイキャッチ画像やバナー画像などのデザインを行っています。

インターンシップとは?目的や影響は?就活へのメリットや注意点まで解説

インターンシップとは?就活にどう影響する?
PR
IT企業の部長

大手企業の就職を成功させたいなら超必見!

某大手企業に就職できました!

「インターンシップって何?」
「インターンシップをやれば就活に影響するって聞いたことがあるけど本当?」

こんな悩みをお持ちの方。

この記事を見ればインターンシップとは何なのか?ということが簡単にわかります!

目次

インターンシップとは?わかりやすく紹介!

インターンシップをわかりやすく簡単に伝えると、「社会人アルバイト」です。

社会人は月にもらえる給料が固定(業種による)で、自分で考えて仕事ができることを求められます。

一方アルバイトは、自分の働いた分だけ給料がもらえる時給体制が多く、誰でも覚えればすぐにできるような仕事が多め。

IT企業の部長
つまりインターンシップとは、責任感が必要な社会人の仕事をアルバイト形式で経験することができるのです。

インターンをする目的とは

そもそもインターンをする目的とはなんでしょうか。 

インターン制度は就業体験を通じてその企業や業界、そして自分自身についても理解を深めることのできる場として多くの学生たちに利用されています。

そこでは幅広い業界を体験するだけではなく、社会人の先輩や優秀な同期など、”自分の価値観を広げてくれる人”と出会う事もできます。

社会人になる前にビジネスの現場を経験し企業理解も深めながら、単なる仕事面だけでなく内面的にも自分自身をスキルアップさせていく場がインターンなのです。

インターンシップは就活に影響するのか?

では、これからインターンシップを検討している学生の方。学生じゃない方も。

結論を話すと、「インターンシップは就活にとても影響を与えます

なぜ影響を与えるのか?その理由について紹介していきます。

  • 社会人経験をしているから
  • 行動意欲は加点対象になるから

社会人経験をしているから

これが最も大きな理由ですが、注意しないといけない点があります。

それは、「社会人経験を少ししている程度では特に影響を与えない」という点。

理由は単純明快で、インターンシップであなたが何を経験したか、どんな爪痕をインターン先で残してきたかがとても重要だからです。

会社の面接で最も評価される点は、「あなたは何ができるか、会社にどう影響を与えてくれるか」です。

上記を明確にしてくれるのはインターンシップだということです。

行動できる人間だと思ってもらえる

インターンシップというのは、新しい挑戦という部類に入る人はほとんどだと思います。

新しい挑戦というのは簡単に思えて難しいことの1つです。

もちろん1社では効果が薄いですが3社以上インターンに行っている人からは行動意欲が感じられます。

ただ、上記でも説明しましたがインターンシップをしたことによる面接時の評価は、あなたは何ができて会社にどう影響するかです。

インターンシップに行くという行動を起こしたことは加点対象ですが、大きな加点にはならないので、インターンシップ先では何を経験できたかが特に重要だと頭に入れておきましょう。

インターンをするメリット

  • 他では得られない経験・成長ができる
  • 企業・業界研究に役立つ
  • 自己分析に役立つ

ではインターンをするメリットとはなんでしょうか。ここでは主に上の3つに絞って説明していきます。

他では得られない経験・成長ができる

まず、インターンに参加する事で自分を大きく成長させることができます。

インターンでは、実際にその会社の業務や現場の雰囲気に触れることができます。また、長期インターンなどで実際の業務を任される場合は責任も伴うので、バイトでは経験することのない新たな刺激を受けることができるのです。

こうした経験はバイトなどに比べると、より密度が高く忙しいものになってしまうかもしれませんが、その分業務についての専門的な知識やスキルを身に付けることができるのです。

IT企業の部長
インターンでは、社会人としての経験を先取りできるというわけですね

企業・業界研究に役立つ

インターンに参加する事で、その企業や業界、業務内容について深く理解することができます。

自分のインターン先の業界がどのような業界なのか、その企業はどんな雰囲気なのか、インターン生ならではの事情などもリアルに感じることができます。

こうした経験を通して、この業界は自分に合っているのか、どんな業界が自分には合っているのだろうかといった業界・企業理解を格段に深めることができるのです。

最初は興味がなくても、インターンを通してその業界に興味を持つようになったという例も数多くあるので、自分の視野を広げるという意味でもインターンは有効ですね。

自己分析に役立つ

インターンはまた、自分自身を見つめ直すいい機会にもなります。

インターンに参加し実際に業務に携わる中で自分にはどんな仕事が向いているのか、自分はどんな環境で働きたいのかがだんだんわかるようになり、就活の際の自己分析にも大いに役立ちます。

たとえインターン先が興味のない業界だったとしても、どんな点が自分には合っていないのか、逆に自分はどんなことをしたいのかを分析することができます。

インターンを機にもう一度自分が何を目指しているのか、どんな仕事が合っているのか考え直して見ましょう。

あわせて読みたい
【ほぞんばん】就活における自己分析のやり方・方法
【ほぞんばん】就活における自己分析のやり方・方法「就活のための自己分析ってどう進めればいいんだろう...」こうした疑問はこの記事を読めば簡単に解決してしまいます!この記事では就活をする上で重要なプロセスとなる...

メリットを最大限活かすには?インターンで気をつけること

  • ある程度業界研究を行ってから始める
  • インターンを通して何を得たか明確にする

ではインターンのメリットを最大限活かすにはどのようなことに注意すれば良いのでしょうか。

ここでは主に2つの注意点について見ていきましょう。

ある程度業界研究を行ってから始める

インターンに参加する時に、その業界について詳しく精通していることなどは不可能に近いですが、事前にその業界について大まかな内容だけでも把握できるようにしましょう。

事前に業界の構造や業務内容について把握しておくことで、実際に業務に参加する時に理解度がより高まります。

貴重な時間とインターンの機会を無駄にしないためにも、事前準備は怠らないようにしましょう。

IT企業の部長
何事にも準備は大事ですね!

インターンを通して何を得たか明確にする

インターンに参加する際はその経験を通じて何を学び、どう成長したか明確にできるようにしましょう。

インターンに参加するにしても、ただ目的意識もなく参加するだけでは意味がありません。

その経験を通じ学んだことを実際の就活でも活かせるように、常に目的意識を明確に持って有意義なインターンの経験にできるようにしましょう。

ただ漫然とインターンに参加するのではなく、同じ参加者の中でも人一倍多くのものを得られるような意気込みで取り組みましょう!

インターンシップとは? | まとめ

インターンシップは「社会人アルバイト」。そして就活に影響を与える。

「なぜ何もできない学生をインターンとして雇ってくれるのか?」と考えたことがありませんか?

インターンを雇う理由は簡単で、安い給料で会社に影響を与えてくれる人間が稀にいるから。

当たり前ですが、会社側は良い影響をもたらしてくれると確信した人間しか雇いません。誰でも良い会社はインターンではなくアルバイトを雇います。

つまり就活に影響を与えるインターンシップはインターンの面接時、いや、インターン先を選ぶところから就活はスタートしているということです。

じゃぱざむ
ページが見つかりません。 | じゃぱざむ
ページが見つかりません。 | じゃぱざむプログラミング・テクノロジー・ガジェットが大好きな、なおといまいが2018年9月に設立したブログです。

以上、「インターンシップとは?目的や影響は?就活へのメリットや注意点まで解説」でした。

インターンシップとは?就活にどう影響する?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる