MENU
じゃぱざむLINE@バナー
カテゴリー
なお
じゃぱざむ運営主
20歳 | WEBメディアの会社で部長をやりながら、じゃぱざむ・特化メディア・WEB制作~コンサル・SEOディレクター・投資・就活相談など幅広くやっています。
今井
エンジニア志望の大学生
21歳 | 独学でWebアプリ開発の勉強をしながら、IT系の記事執筆・アイキャッチ画像やバナー画像などのデザインを行っています。

【Swift入門】プログラミング言語Swiftの特徴やでできることを紹介!

こんにちは!
今井(@ima_maru)です。

本記事は、今注目を集めているプログラミング言語「Swift」についての記事になります。

比較的新しい言語ですが、iPhoneアプリ開発には欠かせないプログラミング言語となっています。

そのため、Swiftを扱えるエンジニアが少ないかつ需要が高いため、高収入を狙いやすい言語とも言えるでしょう。

そんなプログラミング言語Swiftについて詳しく見ていきましょう。

この記事を簡単にまとめると?
  • Swiftは2014年にApple社から発表された比較的新しいプログラミング言語
  • iPhoneアプリやMacのソフト開発に多く使われており、今後主流になる可能性が非常に高い
  • Swiftを使えるエンジニアは少ないので今が学び時!
  • Swiftを学ぶならXcodeというソフトウェアを知っておかないといけない
  • Swiftを学ぶならCodeCampが圧倒的におすすめ
目次

プログラミング言語「Swift」とは?

Swiftは2014年にApple社が発表した、比較的新しいプログラミング言語です。

iPhoneアプリやMacアプリを開発するときに多く使われます。

これまでのiPhoneアプリ開発には、「Objective-C」というプログラミング言語が使われていました。

しかし、今後はSwiftが主流になると予想されていて、これからiPhoneアプリ開発をするなら必須のプログラミング言語とも言われています。

  • これからiPhoneアプリ開発をするなら必須のプログラミング言語です。

プログラミング言語「Swift」の特徴!

Swiftのプログラミング言語としての特徴を解説します。

どんな点が優れているのか、今後なぜ主流になるのか、などについてまとめました。

Apple製品との相性が抜群に良い!iPhoneアプリ開発ならSwift一択!

SwiftはiPhone・iPad・Mac・Apple Watchなどの、Apple製品のアプリを開発することができます。

それぞれのアプリをどのように開発するかは下で詳しく解説しますね。

以前はiPhoneアプリの開発にはObjective-Cが使われていました

しかし、現在はSwiftに取って代わられているという状況です。

なぜなら、こちらの方がコードが簡潔でわかりやすく、未経験者でも習得が容易だからです。

また、Swiftの方が同じ処理でも短くコードを記述することができるため、開発コストを減らすことができます。

Swiftの方がプログラミング言語として優れている面が多いのです。

プログラミング言語というのは「流行り廃り」があります。現在流行している言語を学ぶ方が、案件数も多く学習しやすくなっていることが多いのでおすすめです。

Swiftを使えるエンジニアは少ない!競争率が低い今が学び時!

上ですでに触れましたが、Swiftは2014年に登場した比較的新しい言語です。

そのため、この言語を習得しているエンジニアはまだ多くありません。未だにObjective-Cを使い続けている人もいます。

扱えるエンジニアが多くない言語を習得することにはメリットがあります。この後詳しく解説します。

処理速度が速い!Pythonの8.4倍!?

Swiftは他の言語に比べ処理速度が速いのも特徴です。

Appleの発表によると、処理速度はPythonの8.4倍、Objective-Cの2.6倍だと言われています。

参考までに、実行速度を計測して下さっている記事があるので張っておきます。

安全性が高い!バグが起こりにくい工夫がある!

バグが起こりにくい工夫がされており、安全性が高いのもメリットです。

例えば、プログラマーが不具合やバグが起きる可能性のあるコードを記述すると、Swiftは警告文を表示してくれます。

このような仕様もあり、Swiftはより初心者向けの言語と言えるのです。

Objective-Cとの互換性がある

iOSアプリ開発で使われていたObjective-Cと互換性があるのも特徴です。互換性があると、さまざまなお得な点があるのです。

例えば、Objective-Cのコードの中にSwiftのコードを混ぜても正常に動くため、1から書き直す必要がありません。

また、Objective-Cで使っていたフレームワークやライブラリも、書き換えずにそのまま利用できます。

このように、Objective-Cと互換性があるため、Objective-CからSwiftへの以降がスムーズにできるのです。

ほかには、Objective-C++やC言語とも互換性があります。

プログラミング言語「Swift」はiPhoneアプリ開発ができる

SwiftはiPhoneアプリを始め、数々のApple製品のアプリを開発できます。

それぞれのアプリを、どのように開発するのか、なぜSwiftを使うのが良いのか解説していきますね。

iPhone/iPadアプリ開発

SwiftはiPhone/iPadアプリ開発をすることができます

iPhone/iPadアプリ開発ができる言語は他にはほとんどありません。

これからiPhone/iPadアプリを開発したいなら必須のプログラミング言語といっても良いでしょう。

Macアプリ開発

iPhone/iPadアプリだけでなく、Macアプリも開発することが可能です。

WindowsではなくMacパソコンを使う人は増えてきています。

そのため、Macで使えるアプリを開発する仕事は需要が高まっています

Macアプリの開発にチャレンジしたい方もSwiftを勉強しましょう。

Apple Watchアプリ開発

SwiftはApple Watchアプリ開発にも使うことができます。

Apple WatchとはAppleが開発したスマートウォッチのことで、腕時計のように腕に装着して使います

Apple Watchでは、通常のiPhoneのように電話やLineをしたり、決済に使ったりすることが可能です。

また、Apple Watchを使ってタスク管理などをする人も多く、そういったアプリをSwiftで作ることができます

Apple TVアプリ開発

Apple TVアプリの開発にもSwiftは使えます

Apple TVはテレビと接続することで、インターネット経由でコンテンツを楽しめるものです。

例えば、ゲームをしたり、動画を観たりといったことが、テレビの大画面で楽しめます

このようなApple TVのアプリもSwiftで開発することができるのです。

Webアプリ/サーバー開発

実はSwiftでもWebアプリを開発することが可能です。

Webアプリ開発には、PHPやPythonといったプログラミング言語が使われることが多いですが、Swiftをあえて使うには理由があります。

それは、スマホアプリとWebアプリで使う開発言語をSwiftに統一できるという理由です。

使う言語を統一すれば、プログラマーは2つ以上の言語を扱える必要がなく、学習コストが下がるなどのメリットがあります。

もしかしたら、SwiftがWebアプリ開発でメインに使われる日が来るかもしれません。

プログラミング言語「Swift」の需要

Swiftは需要がある言語です。

そして、今後さらに人気が高まるだろうと推測されます

その理由について詳しく見ていきましょう。

Swiftエンジニアはまだまだ少ない!学ぶなら今が狙い目!

上で触れた通り、エンジニアがまだまだ不足している状況です。企業側もSwiftエンジニアを欲しがっています。

そのため、高単価な案件が多く、Swiftエンジニアは全体的に年収が高い傾向にあります。

Swiftエンジニアになるなら、今が狙い目ということですね。

人気ランキングで上位にランクイン!

Swiftはプログラミング言語の人気ランキングで上位にランクインしています。下記の表をごらんください。

トップ10に入るということは、それだけ注目度が上がっている証拠です。

今後はさらに順位が上がり、iPhoneアプリ開発で使われていた8位のObjective-Cも追い抜くでしょう

今度需要が高まるプログラミング言語を学ぶ方が、プログラマーとして高収入を得やすいです!

Swiftを学ぶなら絶対に知っておかないといけない「Xcode」とは?

Xcodeとは、MacやiPhone開発を行うためのソフトウェアです。

Xcodeにはファイルの管理やコンパイル、デバックなど、アプリ開発に欠かせない処理が備わっています。

SwiftでMacやiPhone開発を行うなら、Xcodeが必要不可欠です

XcodeはApp Storeから無料でダウンロードできるので、Swiftの学習を始める前に準備しておきましょう。

Xcodeは初心者でも直感的に操作ができるようになっています。ぜひダウンロードしましょう。

Swiftを学ぶなら「CodeCamp」がおすすめ!

Swiftを学ぶなら、「CodeCamp」というプログラミングスクールがオススメです。

CodeCampは、完全オンラインスマホアプリ開発を学ぶことができます。

無料体験があるので、興味を持った方はぜひ受けてみてください!

CodeCampの評判を調べた記事もあるので、ぜひ参考にしてみてください。

プログラミング言語「Swift」のまとめ

本記事ではSwiftについて解説しました。

SwiftでできることやSwiftを使うメリットがおわかり頂けたかと思います。

Swiftはこういったプログラミング言語
  • Swiftは、iPhoneアプリを始め、Apple製品のアプリ開発をすることができる。
  • Swiftは、iPhoneアプリ開発を学ぶなら絶対に抑えておきたいプログラミング言語。
  • Swiftでプログラミングを行う場合は、Xcodeが必要不可欠。

SwiftからiPhone/iPadアプリ開発を行う上で必要不可欠なプログラミング言語です。

今後Swiftの需要はさらに高まっていくと推測されます

iPhone/iPadアプリを開発したいなら、ぜひSwiftを勉強してみてくださいね。

以上「【Swift入門】プログラミング言語Swiftの特徴やでできることを紹介!」でした!

最後までご覧いただきありがとうございます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる