MENU
なお
じゃぱざむ運営主
20歳 | WEBメディアの会社で部長をやりながら、じゃぱざむ・特化メディア・WEB制作~コンサル・SEOディレクター・投資・就活相談など幅広くやっています。
いまい
エンジニア志望の大学生
21歳 | 理系の大学3年生|Webアプリ開発を勉強中。クラウド系の自社開発企業に内定。じゃぱざむでは、IT系記事の執筆とアイキャッチ画像の作成をしています。

シンギュラリティとはなにか?

記事上バナー
テックキャンプの記事上バナー
レイズテックの記事上バナー
テックブーストの記事上バナー
  • シンギュラリティとは何か?
  • シンギュラリティが来るとどうなる?
いまいのアイコン画像いまい
こんにちは!
今井(@ima_maru)です。

今回は、シンギュラリティについて簡単に解説します。

シンギュラリティとは、「AIがさらに賢いAIを作ることができるようになるとき」を意味します。

有力説では、2045年にシンギュラリティが来るといわれていますが、賛否両論があります

それでは、「シンギュラリティ」についてみていきましょう!

タップして好きなところから読めます

シンギュラリティとは?

シンギュラリティとは何か?

シンギュラリティ(技術的特異点)とは、AIなどの技術が、自ら人間より賢い知能を生み出す事が可能になる時点を指す言葉です。

簡単に言えば、「AIがさらに賢いAIを作ることができるようになるとき」という意味です。

現在はもちろん、人間がAIを作っています。

しかし、シンギュラリティを迎えると、AIがAIをつくり、自らで進化を遂げていく時代となります。

シンギュラリティが来るとどうなる?

シンギュラリティを迎えると、世界が根本的に変わります。

まず、人間よりも賢いAIが、さらに賢いAIを作るようになります。

そして、またその賢いAIがもっと賢いAIを作ります。

これが繰り返されていくことによって、人間の想像を超越したとてつもなく賢いAI「スーパーインテリジェンス」というAIが生まれます。

このスーパーインテリジェンスというAIは、人間とは比べ物にならないくらい知能が高いとされていて、世界中のあらゆる問題をも解決できるとまで言われています。

また、シンギュラリティ以降は、人間にかわってAIが技術の進歩の主役を担い、さらなる技術革新が進むと言われています。

しかし、「人間にコントロールできるのか?」という問題もあり、AIが人間を滅ぼすのではないかといったイメージにつながっています。

シンギュラリティは2045年?

シンギュラリティが来るとされている年はいくつかあります。

その中でも一番有名なのが、レイ・カーツワイル博士が提唱した「2045年」でしょう。

この2045年という数字は、「収穫加速の法則」から導き出された数字です。

収穫加速の法則とは、技術の進歩がそれ以降に起こる技術の進歩を早め、科学技術が指数関数的に進歩するという法則です。

簡単に言えば、AIの性能が倍々で良くなっていくはずだとして、シンギュラリティが来るのは、2045年あたりだろうと言っています。

もちろんこれには反論があり、シンギュラリティは近い将来には来ない、今後絶対に来ることはないと唱える方もいます。

以上「シンギュラリティとは何か?」でした!

いまいのアイコン画像いまい
最後までご覧いただきありがとうございます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
タップして好きなところから読めます
閉じる