MENU
なお
じゃぱざむ運営主
20歳 | WEBメディアの会社で部長をやりながら、じゃぱざむ・特化メディア・WEB制作~コンサル・SEOディレクター・投資・就活相談など幅広くやっています。
いまい
エンジニア志望の大学生
21歳 | 理系の大学3年生|Webアプリ開発を勉強中。クラウド系の自社開発企業(マザーズ上場企業)に内定。じゃぱざむでは、IT系記事の執筆とアイキャッチ画像の作成をしています。
【完全ガイド】大学生でもプログラミングで稼ぎ始めるためのロードマップ

【完全ガイド】大学生がプログラミングを覚えて最短で稼げるようになるには?

記事上バナー
テックキャンプの記事上バナー
レイズテックの記事上バナー
テックブーストの記事上バナー
  • 大学生の今からプログラミングを学び”最短で稼げる”人材になりたい人

この記事では、プログラミングを学んで稼げるようになりたいと考えている大学生向けに書きました。

記事に書いてあるガイド通りに薦めていけば、最短1ヵ月目からでも稼げるようになるでしょう。

タップして好きなところから読めます

【稼げる人材になる前に】プログラミングを本気で学習するために準備をしよう!

【稼げる人材になる前に】プログラミングを本気で学習するために準備をしよう!

よし!プログラミングを本気で学ぼう!となった方に、先に準備すべきものを紹介します!

プログラミングを学ぶ前に準備すべきもの
  • ノートパソコンとネット環境を用意する
  • 時間を確保する(最低でも週に30~50時間)
  • 学習以外に時間は使えない覚悟を用意する

厳しくかいてありますが、3ヶ月ほどの辛抱です。

乗り越えた先では自分の人生が変わり始めていることに間違いはないでしょう。

なおのアイコン画像なお
この記事を読みたいと思った時から変わりたいと思い始めていたはずですし!

【完全ガイド】大学生でも稼げるプログラマーになるための最短ステップ

【稼ぐ人材になる方法】超実践型のプログラミングスクールを活用する
STEP1目標設定(プログラミングでいくら稼ぎたいのか?)
STEP2どの言語を学ぶか決める(決められなくてもSTEP3へ)
STEP3基礎知識を短期間で学ぶ
STEP4プログラミングスクールで実践レベルを学ぶ
なおのアイコン画像なお
どれも大事なことなので1つずつ紹介していきます。

STEP1.目標設定

学習を始める前に目標設定を行うことで、「何のために今頑張っているか?」をすぐに思い出せるのでモチベーションの維持が可能です。

今回の場合でしたら「大学生のあなたがプログラミングでいくらくらい稼ぎたいのか?」です。

なおのアイコン画像なお
最初は「月に3~5万円を3ヶ月後に稼げる状態になっている!」とかで良いですよ。

プログラミング学習を始めるときに限らず、『目標設定を決めてから行動』することは行動し続けることでとても大事なことなので、今後も意識してみるようにしてください。

STEP2.どの言語を学ぶかを決める

「どの言語を最初に学び始めるか?」は重要そうで重要ではありません。

なぜなら1つの言語をある程度マスターしてしまえば、2つめの言語学習からは楽になると言われているからです。

ですが、適当に選ぶのは嫌ですよね。そんな方は「将来性」か「人気度」で選ぶと良いですよ。

どちらの選び方でもそれなりに有名な言語しかないので、わからないことを検索した場合に答えが乗ってる確率が高いです。

STEP3.基礎知識を短期間で学ぶ

基礎知識を学ぶことはめちゃくちゃ重要です。どんなことでも基礎から入ることが一番の近道になりうるからです。

ただ、基礎知識も学び方が大事で、「本を使うのか」「サービスを使うのか」、今回お勧めするのは後者の「サービスを使う」です。

理由はシンプルで、僕自身がサービスを使った方がプログラミングを出来るようになるのが早かったからです。

どちらかをやるだけで構いません。プランは有料と無料がありますが、無料で利用可能な部分を全てやりましょう!

なおのアイコン画像なお
これをやっているかどうかで、STEP4のスクール受講時に差が付きます。

STEP4.プログラミングスクールで実践レベルを学ぶ

大学生でもプログラミングで稼げるようになるなら通らざるを得ない道です。

「大学生だからお金なくて通えないよ」という方で独学をしようとする人がいますが、独学の挫折率はとても高く時間を無駄にすることが多いです。

しかも独学はコスパが悪すぎます。スクールに通って学ぶために必要な時間と比べてみると倍ほど違うからです。

プログラミングスクールでは、限られた時間でプログラミングを実戦形式でプロのエンジニアから学ぶことができるので、圧倒的に時間のコスパが高いです。

なおのアイコン画像なお
こんだけ批判していますが、それでも独学が合う人はいるので自信がある人は独学でも問題ないと思います!自分はスクール推しです!

大学生でも通えて稼げるエンジニアになりたいならここから選ぶ

  • 【予算~15万】TechAcademy → 基礎の延長を学べる【卒業後の単価1~10万】
  • 【予算~25万】テックキャンプ →絶対に学びきれる【卒業後の単価3~15万】
  • 【予算~25万】RaiseTech → 稼げるエンジニアに特化【卒業後の単価3~30万】

イチ押しは間違いなくRaiseTechです。『大学生でもプログラミングで稼げるようになる』を叶えてくれます。

魅力的なのは卒業時に案件を貰えることがです。つまり卒業時からあなたは稼ぎ始めることができるんです。すごくないですか?

他のスクールの詳細などは【比較】おすすめプログラミングスクールランキング7社と選び方を徹底解説で紹介しています。

プログラミングを学習し終えた後の稼ぐための道のり

プログラミングを学習し終えた後の稼ぐための道のり

プログラミングを学習したのは良いけど、終わった後はどういった稼ぎ方があるのかを知りたい方って意外に多いのでは?と思いました。

道のりに加えて、探し方を紹介します。

  • 就職/転職
  • 副業
  • フリーランス

まず、若い間はどんな道にも進めることを忘れずに

まずこの記事を読んでいる20代前後の方に。

今なら変われるかもと思った時はチャンスだと思って行動しましょう。

その行動は今後もっと濃いチャンスに結び付けてくれるはずです。

若い間だからこそできます。どんな道にも進めることを忘れないでくださいね。

転職する

一番定番の手段ですね。

学生なんかは就職のために学習する人が多いかもしれません。転職したい人は今に満足していないから学習したい人が多いと思います。

転職のためにプログラミングを選んだのは間違いなく良い選択だと言えます。

これだけ短期間で成果を出しやすく、売り手市場であるエンジニア業界は今が旬です。先ほども書きましたがテックキャンプ エンジニア転職コースの学習を終えた人の年収は平均100万を超えています。

この際にぜひ転職を検討して学習を行ってみてください。

副業に活かす

副業といわれると怪しいイメージを持つ人がいるかもしれませんが、全く怪しいものではありません。

職によっては副業から本業に移動する人もいるので、まずは副業で仕事をこなしてから本業に移動するスタイルも一つの選択肢ではあります。

副業から始めることによって転職もできますし、フリーランスにもスムーズになることができます。

ただ副業となると時間の管理を、とても厳しくしないと続けられないと思うので、そういった覚悟がある方だけにオススメです。

\ 案件量がかなり豊富 /

フリーランスになる

フリーランスエンジニアとして、年収1000万稼いでいる人を知っているくらいなので、本当にすごいなと思います。

ただフリーランスになると、税金面など会社側で行ってくれていたことなどが急に降りかかってくることになります。

収入上限は高くなること間違いなしですが、給料保証がされないので、自己管理に加え仕事を選ぶ見極めもできるようにならないといけません。

そのため、副業又は本業でエンジニアを仕事してできるようになってから、フリーランスになることが安全な道のりといえます。

\ 高単価の案件が豊富 /

プログラミングを学んで最短で稼げる人材になる方法 | まとめ

STEP1目標設定(プログラミングでいくら稼ぎたいのか?)
STEP2どの言語を学ぶか決める(決められなくてもSTEP3へ)
STEP3基礎知識を短期間で学ぶ
STEP4プログラミングスクールで実践レベルを学ぶ

プログラミングを学んで最短で稼げるようになるまでのステップがとても少ないことに気づけたかと思います。

もちろん簡単ではありません。が、やれば結果が出てきます。

「3ヶ月で医者になりなさい」と言われても99%不可能ですが、学力や知識が豊富になくても3ヶ月でなれるのがエンジニアです。

以上、「【完全ガイド】大学生がプログラミングを覚えて最短で稼げるようになるには?」でした。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
タップして好きなところから読めます
閉じる