Amazonで利用すべきコスパ最高のサービス一覧

じゃぱざむブログライター【今井のプロフィール】

今井

こんにちは!
今井(@ima_maru)です。

僕は、普段は情報系の大学に通う大学3年生(20歳)で、主にIT系の勉強をしています。

ブログでは、学んだ知識をわかりやすく解説するということを行っています。

そんな今井のプロフィールをどうぞ。

中学・高校は何気なく過ごしてきた

中学時代はFPSゲームにはまり、ずっとパソコンに向かっていた記憶があります。

友達も誘い、時間があればゲームをするといった、本当に平凡な毎日を送っていました。

高校時代も特に何かをすることはなかったような気がします。

ただ、高校生最後の受験勉強は3か月間だけ本気を出しました。

その結果、ぼちぼちの大学に入ることができました。

中学と高校はそのくらいで、今まで何してきたんだろうなと思うことがあります。

今井

本当に何をしていたのだろう。

大学1年の秋にブログを一緒に書こうと誘われる

大学1年の秋(2018年10月)に、友人の友人から一緒にブログを書こうと誘われました。

その友人というのが、今はブログ執筆をやめてしまった中学からの親友。

その友人の友人というのが、ブログの運営主である「なお」でした。

今井

ブログかー。面白そうだな。

と思ったので、一緒に初めてみることにしました。

最初のころは、ただ週2で記事を作成することだけで、面白みを感じていなかったです。

自分の担当の曜日を忘れて遊びに行ってしまって、その後本気で怒られるということもしばしばありました。

自分と同じようなことを思う人がいることを知る

最初のころから、自分の知りたいことを調べては記事にしていました。

それが意外と検索されて、見られていることがわかりました。

今井

なるほど、こういうことはみんな調べるのか。

そう思いました。

モットーは「より近い目線からわかりやすく」

ブログの大事なことは、ユーザーファーストです。

つまり、読者にとってわかりやすいことが最優先であり、僕はそういう記事を書いていかないといけないのです。

ですが、読者にとってわかりやすいってどういうことなのでしょう。

ここで、あることに気づきます。

今井

僕は読者と似ているのではないだろうか。

何が言いたいかというと、自分がわからないことを調べて書いているのだから、その記事の読者はすこし前の自分と同じ状況なのではないかということです。

だから、そんな方たちと自分を重ね合わせようと思ったのです。

今井

自分が知りたいことを、自分がわかりやすいように書いてあれば、読者にとってもわかりやすいだろう。

実際、この戦法は効果的でした。

これが、今のブログを書くなかでのモットーにつながっています。

「より近い目線からわかりやすく」

これは、僕がブログを書く上でのモットーです。

読者に近い目線で、わかりやすい記事を書いていこうという思いです。

やはり、わからないところって同じ目線の人のほうがわかるんですよ。

例えば、大学の教授に教わるよりも、周りの学生に教わったほうがわかりやすいとか。

すでに分かり切った人にとっては「どこがわからないの?」ということがよくあります。

わからない人にとっては「わからないところがわからない」んですよね。

この点で、僕はみなさんと同じ目線からわからないところを理解し、わかりやすく解説できるのではないかと思っています。

プログラミングとITカテゴリの記事を執筆中

じゃぱざむブログは、主に「プログラミング」「IT」「ガジェット」「副業」のジャンルを扱っています。

僕は、その中でも「プログラミング」「IT」の記事を主に担当しています。

分野自体が難しいので、極力簡単な言葉を使い、図や表を多く用いて解説することを心がけています。

すべては、読者に、

「わかりやすい」

を提供するためです。

実際お褒めの言葉をいただくことがあり、本当に嬉しい限りです。

これからも、より多くの読者に「わかった!」を届けられるように頑張っていきます。

ぜひとも応援をよろしくお願いします。

アイキャッチ画像などさまざまな画像作成を担当中

じゃぱざむブログでは、ブログのアイキャッチ画像やTwitterのヘッダー画像などの画像作成も担当しています。

デザイナーとしての一面も磨いている今日この頃の今井というわけです。

ただ、僕は「色弱」という先天性の病気、つまり「色覚異常」を持っているので、色使いがあまり得意ではありません。

でもほかの人と見え方が違うって結構面白いことですよ?

色覚異常者が色の見え方を語る。補正メガネの効果はあるの?

プログラミングについて

本格的にプログラミングに出会ったのは、大学1年生の初めでした。

それは「C言語」の授業で、自分の書いたコードで黒い画面に文字が出ることにとても惹かれた記憶があります。

それから大学では、「C++」「Java」「Matlab」といったプログラミング言語に触れてきました。

しかし、僕の学科はそこまで情報系に特化しているわけではないので、そこまで深いことはやりませんでした

なので、プログラミングをちゃんと使えるようになるには、大学とは別に勉強が必要でした。

今がその真っ最中ということです。

勉強中のこと
  • Web開発(Ruby, Ruby on Rails, Linux, AWS)
  • テトリスAIの開発(C++)
  • 競技プログラミング(C++)

これとは別に、生半可に終わった勉強もあります。(笑)

例えば、Pythonで機械学習とか、KotlinでAndroid開発とか。

まあ、この辺はある程度知識がついたので、スクールに行ってマスターしちゃおうかななんて。

これからについて

このブログ活動を楽しみながら継続し、残りの大学生活を送っていこうと思います。

ブログの活動はまだまだ続けるつもりです。

難しい概念や言葉をかみ砕いて、みなさんにわかりやすく解説する。

いまの僕には、その役目がぴったりだと思っています。

これからも、今井(@ima_maru)とじゃぱざむブログの応援をよろしくお願いします。