MENU
じゃぱざむLINE@バナー
なお
じゃぱざむ運営主
20歳 | WEBメディアの会社で部長をやりながら、じゃぱざむ・特化メディア・WEB制作~コンサル・SEOディレクター・投資・就活相談など幅広くやっています。
今井
エンジニア志望の大学生
21歳 | 独学でWebアプリ開発の勉強をしながら、IT系の記事執筆・アイキャッチ画像やバナー画像などのデザインを行っています。
【5分でわかる】今からプログラミングを学ぶのは遅いのか?

PHPでできること一覧!9つの具体例付きでわかりやすく解説!

未経験からエンジニアを目指す方へ。おすすめのプログラミングスクールのバナー
こんにちは!
今井(@ima_maru)です。

今回は、「PHPに興味を持っている人」「これから本格的にプログラミングを学ぼうとしている人」に向けて記事を書きます。

内容は、PHPでできることについてです。

PHPは様々な言語の中でも安定して根強い人気を保っている言語なので、この機会にプログラミング言語「PHP」がどんな言語なのかをみていきましょう。

目次

PHPとは?Web開発に特化したプログラミング言語!

PHPはラスマス・ラードフさんというプログラマが自分のWebページで活用するために作った、“Personal Home Page Tools”というソフトウェアが始まりと言われています。

それを略して“PHP Tools”と呼ばれるようになりました。

元々Webページ開発のために作られたこともあり、PHPはWeb開発に特化した言語です。

また、HTMLの文法と似ているのも特徴的な言語です。

<?php
echo "Hello, World!!";
?>

次の章ではどんなWeb開発に使われているか、具体例を紹介します!

PHPでできること9つ!

PHPでできること・得意なことは主にWeb開発です!

今回はその中でも細かく見て、「どんなサイトやWebアプリが作れるのか?」というところを具体例付きで見ていきましょう。

会社のWebサイト

PHPを使うと、会社のWebサイトを作ることができます。

後ほど紹介しますが、Webサイトの3分の1ほどはWordPress(ワードプレス)というPHPでできたツールで作成されています。

皆さんが毎日見ているWebページのどれかはPHPで出来ていると言っても過言ではないでしょう。

ショッピングサイト

PHPを使うと、ECサイトを作ることができます。

要は、ショッピングサイトのことです。

ECサイトには下記のような機能が必要になりますが、全てPHPで実現できます!

  • 会員情報の登録・削除・更新
  • 商品の購入・予約・お気に入り登録
  • オンライン上での決済処理
  • 商品の在庫管理や売上管理などの管理のために必要な機能全般

例えば、国産のECサイト作成ツールである「EC-CUBE」もPHPで開発されています。

SNS

PHPを使うと、SNSを作ることができます。

PHPでできているSNSとして最も有名なのがFacebook」です。

Facebookは、世界で20億人以上が使っているSNSです。

PHPは、こういった有名なSNSでも使われてるんですね。

正確にはPHPをアレンジしたHackという言語できていますが、元の言語はPHPなのでPHPでできていると言って問題ないでしょう。

予約サイト

PHPでは検索機能も実装できるため、予約サイトを作ることもできます。

皆さんも宿の予約、レストランの予約などで、予約サイトを使ったことがあると思います。

予約可能な時間帯や空き状況を自動的に判定して、公開してくれています。

お店にとってもお客さんにとっても便利なシステムです。

例えば、「一休.com」はPHPでつくられています。

クラウドファンディングサイト

PHPを使うと、クラウドファンディングサイトを作ることができます。

PHPを使うとクラウドファンデイングサイトも作ることができます。

例えば、日本最大のクラウドファンディングサイトの「CAMPFIRE」PHPで作られました。

現在は大部分がRuby on Railsに変わっているそうですが、今でも一部のシステムはPHPで作られているそうです。

フリーマーケットサイト

PHPを使うと、フリーマーケットサイトを作ることができます。

例えば、スキルを売り買いできるサイト「ココナラ」もPHPでできています。

業務効率化システム

PHPでは、業務を効率化するためのシステムも作成することができます。

例えば、生産性向上のための「Slack」もPHPでできています。

コンテンツ管理システム

PHPを使うと、コンテンツ管理システム(CMS)を作ることができます。

CMSとは、「Contents Management System:コンテンツ・マネジメント・システム」略でWebサイトのコンテンツを構成するテキストや画像、デザイン・レイアウト情報(テンプレート)などを一元的に保存・管理するシステムのことです。

CMSを使うことで画像やテキストなどがデータベース上にストックされ、それを元に自動でWebページのデータを作成してくれます。

CMSがデータ作成を行ってくれるおかげで、Webページの編集の手間が大幅に減ります。

CMSで有名なのが「WordPress(ワードプレス)」です。

WordPressは、無料でWebサイトが作れてしまうツールです。

本来見出しをつけたり、文字に装飾したり、アニメーションをつけたりするのはHTMLやCSSやJavaScriptの知識がないと難しいですが、WordPressを使うことで、これらの知識がなくてもホームページを作成できます。

ちなみに、この記事もWordPressで作成、管理を行っています。

WordPressのテーマやプラグイン

PHPを使うと、WordPressのテーマやプラグインを作ることができます。

テーマはホームページの背景やレイアウトなどの設定の際に使うテンプレートのことで、プラグインとはWordPressに新しい機能をつけるための拡張パックみたいなものです。

ようは、PHPでWordPressの拡張機能を作れるよということです。

ちなみに、当ブログでは「SWELL」というWordPressテーマを使っています。

プラグインもいろいろ使ってます。

PHPでできないことって何?苦手な分野を解説!

そんなWebサイトに強いPHPですが、苦手なことももちろんあります。

ここからはPHPが苦手としている分野を紹介します。

機械学習・データ分析

PHPは、近年注目されている機械学習やデータ分析を苦手としています。

できないことはないですが、機械学習やデータ分析をあえてPHPでやる必要はなさそうです。

機械学習やデータ分析をやりたい場合は、Pythonを使うのがオススメです。

Pythonは機械学習やデータ分析に使えるライブラリがとても充実しています。

もし機械学習やデータ分析を学びたい場合はPythonから始めましょう!

Pythonについては下記の記事を参照してみてください!

スマホアプリ開発

スマホアプリを作りたい場合も、PHPはオススメできません。

もしスマホアプリ開発をしたいのであれば、ほかに適している言語があるのでそちらを勉強しましょう。

スマホアプリ開発に適した言語は以下のような言語です。

  • iPhoneアプリ開発ならSwift
  • Androidアプリ開発に適しているKotlin
  • 汎用性が高くAndroidアプリ開発ができるJava
  • ハイブリッドアプリ開発ができるJavaScript

デスクトップアプリ開発

PHPはデスクトップアプリの開発はあまり得意ではありません。

デスクトップアプリとはPCのデスクトップにインストールして使うアプリのことです。

例えば、PCを買って最初の画面に表示されるゲームやメモ帳などはデスクトップアプリです。

PHPはWebに強い言語なのでデスクトップ系はあまり得意ではないです。

フロントエンド開発

PHPはWebページのサーバーの処理を担当するバックエンド側の言語です。

そのため、Webページの見た目を整えるというフロントエンド側の役割はこなせません。

バックエンドとフロントエンドの違いについて詳しく知りたい方は下記の記事を参考にしてください。

フロントエンド開発には、「JavaScript」という言語が使われるので、そちらを学びましょう。

組み込み・IoT開発

PHPは組み込み開発やIoT開発も苦手です。

組み込み開発・IoT開発とは、家電製品や電子機器などにコンピュータを組み込むことです。

例えば電子レンジなどは組み込み開発で作られた製品です。

組み込みシステムについて詳しく知りたい方は下記のページをご覧ください。

PHPの需要

ここからは気になるPHPの需要について紹介します。

豊富な案件で仕事に困らない

レバテックフリーランスで案件数を検索してみると、PHPは堂々の第3位の案件数です。

案件数が1,000件以上ある言語はJavaとJavaScriptとPHPだけなので、非常に需要のある言語と言えます。

プログラミング言語案件数
Java2322件
JavaScript1654件
PHP1485件
C#660件
Python627件
Ruby621件
Go336件
2020年11月のレバテックフリーランスの案件数

人気ランキングで上位をキープ

PHPは言語別の人気ランキングでも上位をキープしています。

最新の世界での人気言語ランキングでは5位に位置しています。

こちらでは案件数の多いJavaやJavaScriptの他に、データ分析に強いPythonや処理速度が速いC#が上位にランクインしていますが、PHPはそれらの言語と肩を並べるくらいメジャーな言語として根強い人気があります。

PHPでできることのまとめ!

PHPはあらゆるWebサイト開発の場面で活躍してくれます。

検索機能やログイン機能や決済機能や管理機能などWebページの開発に必要な機能を一通り実装することができます。

そのためホームページ、ECサイト、予約サイト、SNSなどPHPが使われているWebサービスは多岐に渡ります。

なのでWebサイトを作りたいならPHPは必須の言語と言えるでしょう。

しかしWebサイト開発以外のことをしたいならPHP以外の言語を使った方が無難です。

例えば、

  • データ分析や機械学習ならPython
  • スマホアプリ開発ならSwift/Kotlin/Java/JavaScript
  • フロントエンドの開発ならHTML/CSSやJavaScript

という風にWebサイト開発以外の場合は他の言語を検討してみましょう。

とはいえ、PHPは案件数、人気ともに上位に位置しています。

ホームページ作成など身近で取り組みやすいテーマに挑戦する際には必須の知識となりますので、この機会にぜひ学んでみましょう!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる