MENU
なお
じゃぱざむ運営主
20歳 | WEBメディアの会社で部長をやりながら、じゃぱざむ・特化メディア・WEB制作~コンサル・SEOディレクター・投資・就活相談など幅広くやっています。
いまい
エンジニア志望の大学生
21歳 | 理系の大学3年生|Webアプリ開発を勉強中。クラウド系の自社開発企業(マザーズ上場企業)に内定。じゃぱざむでは、IT系記事の執筆とアイキャッチ画像の作成をしています。
【完全ガイド】大学生でもプログラミングで稼ぎ始めるためのロードマップ

IoTの活用事例を15個紹介!家電や医療とできることはこんなにも…

記事上バナー
テックキャンプの記事上バナー
レイズテックの記事上バナー
テックブーストの記事上バナー
いまいのアイコン画像いまい
こんにちは!
今井(@ima_maru)です。

昨今、IoTという技術が注目を集めており、様々な分野でIoTサービスが開発されていますね!

IoTは「自動運転技術」「5G」とも関連性があるのも注目を集めている理由です。

5Gであれば、超高速かつ多数同時接続を可能にするという点でIoTと相性がよいです。

自動運転技術もIoTと非常に相性がよく、実際に活用されています。

このように今話題の技術とIoTは親和性が高くIoTの人気を後押ししています

本記事では、そんな「IoTの活用事例」について詳しくまとめました。

現在実用化されているIoTにはどんなものがあるか、各分野別に解説してあります。

タップして好きなところから読めます

IoT×家電の活用事例【身近なところで役立っている】

IoT家電は従来の家電とは異なり、家電がネットに接続できるようになっています。

ネットに繋がるとどんな良いことがあるでしょうか。

具体的な活用事例を見ていきましょう。

みまもりほっとライン

みまもりほっとラインは、「無線通信機が内蔵されたiポット」です。

ポットを使用したらスマホに通知が飛んだり、ポットの仕様状況を確認できたりします。

たとえば、別居している高齢者の使用状況を確認し、一人で生活できていることを確認する、といった使い方ができます。

さり気なく高齢者を見守ることができるのがミソですね。

スマ@ホームシステム

スマ@ホームは「防犯対策のlot家電」です。

近くに不審者が来たら通知音が鳴り、近所の人に知らせられる仕組みとなっています。

通知音が鳴ったら、使用者のスマホにも通知が行くようになっているので、長期旅行中も安心です。

Qrio Smart Tag

Qrio Smart Tagは「なくした鍵を探すときに便利なlot家電」です。

Qrio Smart Tagを鍵につけておくことで使用します。

鍵がないときタグのボタンを鳴らせば、スマホにタグの場所がどこかの通知が行くようになっています。

IoT×医療の活用事例【Internet of Medical Things】

医療分野でもIoTは活用されており、IoMT(Internet of Medical Things)という言葉も生まれています。

IoMTとは、医療機器をネット接続させ、医療データの収集や解析をリアルタイムで行う技術のことです。

また、IoT機器を活用しての遠隔治療ができるのではないかと話題を呼んでいますね。

病院へ通院できない寝たきりの人も、遠隔で安全に診療ができるようになりました。

医療分野で具体的にIoTがどう活用されているか、見ていきましょう。

PlushCare

PlushCareは、「自宅で診療が受けられる遠隔診療サービス」です。

診療した欲しい医師を選ぶこともできます。

こういった遠隔診療サービスは今後更に流行すると予想されます。

G・U・MPLAY

G・U・MPLAYは、「歯磨きの最適な方法を提案してくれるサービス」です。

歯磨きが意外と正しく行えていない人が多いです。

G・U・MPLAYでは加速度センサーやLEDが搭載されており、磨き方をチェックします。

スマホにフィードバックが送られるので、正しい歯磨きがどうか確認できます。

HEXOSKIN

HEXOSKINは、「心拍数や肺活量を測ることができるシャツ」です。

普通のシャツと変わらないので、日常生活を送りながら心拍数を計測できます。

IoT×自動車の活用事例【これからに期待が掛かる】

自動車分野はIoTと相性が良く、IoT技術をうまく活用する自動車会社が増えています。

自動車をネット接続できれば、運転データをAIに分析させることも可能です。

AIがデータを分析すれば、走行状況改善につなげることができ、より安全な自動運転ができます。

自動運転分野で具体的にどうIoTが活用されているか、見ていきましょう。

Waymo社の自動運転車

Waymo社グーグルの兄弟会社であり、自動運転技術で有名です。

IoTを活用すれば自動で走る車の開発を可能にし、ドライバーの負担軽減や交通事故防止に繋がります。

日本でも自動運転車が今後導入されていくと予想されます。

HELPNET

HELPNETは交通事故時に、オペレーションセンターに通報が行くサービスです。

HELPNETのGPSで位置情報が届くようになっています。

HELPNETによって通報が自動で届けば、運転手が気絶している場合でも助けられます

スマイリングロード

スマイリングロードはドライバーが安全運転をしているか管理できるサービスです。

走行距離やブレーキ回数などのデータが自動で送られ集計されます。

集計結果はドライバーにフィードバックされるので、ドライバーは運転改善を行うことができます。

IoT×製造業の活用事例

製造業でもIoTを活用して、人件費の削減や、品質向上を目指す会社か増えています。

IoTを活用すればヒューマンエラーも無くなりますし、機械の稼働状況をリアルタイムで確認することも可能です。

製造業の分野でIoTがどう活用されているか、見ていきましょう。

コマツ

小松制作所は、「機械の状況を把握できるIoTシステム」を開発しました。

機械が休止していたり、メンテナンスが必要な状態だったりしないか、リアルタイムで把握することが可能です。

Intelligence Dashboard

Intelligence Dashboardは、「各地の工場の状況を確認できるIoTシステム」です。

工場の状況をセンターで確認し、解析ソフトにかけていきます。

Intelligence Dashboardを使うことで、生産工程などに無駄がないか判断できます。

IoT×農業の活用事例

農業人工は現在大きく減少しており、生産性の向上が課題となっています。

IoTを活用することでこのような課題を解決することが注目を集めています。

作物の状態をリアルタイムで確認するなどができれば、少ない人工でも効率的な農業が可能です。

農業の分野ではどうIoTが活用されているか、見ていきましょう。

奥野田ワイナリー

農園の状況や、気温や湿度を確認できるIoTシステムです。

リアルタイムで確認できるため、早期に問題を発見することができます。

農園を確認するための人件費も削減することが可能です。

集計されたデータを確認することで、収穫時期を変更する、といったこともできます。

foop

自宅でトマトなどの野生を栽培したい人のためのIoTシステムです。

野菜が状態のスマホで通知してくれるため、初心者でも楽に栽培することができます。

IoT×物流の活用事例

物流分野では、配達にはかかる人件費の多さが課題となっています。

また、指定配達時間に家に誰もいない場合、配達業者は荷物を送り直さないといけず大変です。

こういった課題もIoTを利用すれば解決に繋がる可能性があるのです

物流の分野ではどかIoTが活用されているか、見ていきましょう。

Prime Air

Prime Airは、Amazonが現在開発している「ドローン宅配便」です。

注文から30分以内に荷物を輸送できることを目指しています。

Prime Airが実現すれば、配達費用が大きく削減される上に、配達ミスなどもなくります。

村田機械の自動倉庫システム

村田機械の自動倉庫システムは、「倉庫にある品物の仕分けを行えるIoTシステム」です。

品物に識別タグを取り付けることで、品物を機械が自動で仕分けたり、ラベルを貼ったりすることができます。

仕分けにかかる時間を削減することができる上に、冷凍倉庫のように長時間人間がいると辛い環境で活躍させることも可能です。

IoTの活用事例のまとめ

本記事ではIoTの活用事例をまとめました。

IoTはすでに、下記のような様々な分野で活躍しています。

  • IoT×家電
  • IoT×医療
  • IoT×自動車
  • IoT×製造業
  • IoT×農業
  • IoT×物流

IoT機器を使いこなせるようになれば人件費の削減や生産性アップに繋がります。

今後のIoTの成長にも目が離せませんね。

以上「IoTの活用事例を15個紹介!家電や医療とできることはこんなにも…」でした!

いまいのアイコン画像いまい
最後までご覧いただきありがとうございます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
タップして好きなところから読めます
閉じる