MENU
じゃぱざむLINE@バナー
なお
じゃぱざむ運営主
20歳 | WEBメディアの会社で部長をやりながら、じゃぱざむ・特化メディア・WEB制作~コンサル・SEOディレクター・投資・就活相談など幅広くやっています。
今井
エンジニア志望の大学生
21歳 | 独学でWebアプリ開発の勉強をしながら、IT系の記事執筆・アイキャッチ画像やバナー画像などのデザインを行っています。
【5分でわかる】今からプログラミングを学ぶのは遅いのか?

長期・短期インターンの面接合格率を上げる志望動機の書き方!

長期・短期インターンの面接合格率を上げる志望動機の書き方!

「インターン選考通過のための志望動機をどう準備すれば良いかわからない・・・」
「インターン面接合格率を上げる志望動機の書き方とかあるの?」

こんな疑問はこの記事を見れば解決します!

インターン選考・面接時にかなり重要視される志望動機の明確にしておくべき点をわかりやすく紹介していきます!

目次

インターン選考・面接に受かりやすい志望動機の書き方

ここではインターン選考・面接時によく聞かれる志望動機について紹介していきます。

志望動機は働く理由を明確にするものなので、今のうちにはっきり決めておきましょう!

  • 志望理由
  • 理由の根拠
  • 何をしたいのか?

志望理由

「なぜその企業を志望したのか?」というインターン参加理由を述べましょう。

ここはわかりやすく短く書きましょう。1行でまとめるのが理想ですね。

ただ参加したかったからではなく、「なぜその企業のインターンに参加したいのか?」を書けると尚良いです!

理由の根拠

上記で書いた「その企業にインターンを志望した理由」を深く掘り下げましょう。

ここでは、その企業の理念だったり働き方に触れて書くと選考突破・合格率が上がりますよ!

後に説明する企業分析を行ってから書くと良いでしょう。

何をしたいのか?

「その企業に入ってあなたは何をしたいのか?何ができるのか?」

仕事内容に触れるところです。どんなことがしたくて、あなたができることを書きましょう。

ここがその企業とマッチしていると選考率・合格率が上がりやすい傾向があります。

インターンの志望動機を考える上での注意点

「志望動機が決まった!よし書くか!」の前に注意点を紹介します。

これらの条件を必ず満たす必要性はありませんが、なるべく注意した方が良いですよ!

  • 企業研究を行う
  • 言葉は短く言い切る。文字数は指定の8割。
  • 説明ではなく気持ちを伝えること

企業研究を行う

企業研究というのは、「相手がどんな会社かを調べる」ということです。

例えば企業理念だったり、働く人に求められていること。

企業研究をしてから志望動機を書くことで、より企業にマッチした志望動機をかけるようになりますよ!

言葉は短く、8割埋める

文章はなるべく短い言葉でまとめて8割は埋めるようにしましょう。

例えば最大400文字の場合は320~400文字で、志望理由・根拠・何をしたいのか?をまとめるようにしましょう。

短すぎて自分には伝わっても相手に伝わらないということはないようにしましょう!

気持ちを伝える

上記で説明した文章を短い言葉で作る理由は、気持ちを凝縮させ”説明”を省くためです。

企業に自分を説明してもしょうがないので、文章で気持ちを伝えることが大切です。

簡単なことではありませんが、あなた自身で何度も読み直し気持ちが伝わるかどうかを確認しましょう。

気持ちを伝えるコツは”言い切る”こと!「〜と思うではなく、〜です・ます」と言い切りましょう!

インターンの選考・面接に通りやすい志望動機 | まとめ

志望理由・根拠・何がしたいのか?を短くわかりやすく伝えること。

志望動機は企業に自分を知ってもらう第一段階です。

第一印象はプライベートなどでも重要で、相手の8割をその場で決めてしまうほどの力があります。

しっかり考えて、あなたの気持ちを相手の企業に伝えれるようにしましょう!

以上、「長期・短期インターンの面接合格率を上げる志望動機の書き方!」でした。

長期・短期インターンの面接合格率を上げる志望動機の書き方!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる