未経験からでも今すぐプログラミングを学ぶメリットはこちら

E-sportsイベントスタッフの仕事は?実際に体験してきた!【ゲームの専門学生が答えます】

なお

こんにちは。じゃぱざむ運営主のなお(@nao_jpa)だよ。

先日、東京ドームシティにあるMLBカフェという場所を借りて、eスポーツMaX Gaming Festival 6に友達と2人で、E-sportsイベントのスタッフとして仕事してきました。

仕事内容は聞くだけだとまじで良い内容ではないです。(全部で4回ほど参加してます)

ですが、自分はまた声をかけていただいたら、お手伝いをさせてもらうつもりです。

それはなぜか?僕の場合は運が良くお金が良かったからです。それではないように入っていきます。

勤務時間

内容の前に勤務時間から。

2/9 PM22:00~ 2/11 AM2:00まで。

正式な休憩時間は2時間。

労働時間にして26時間くらいですかね?

なお

僕は別に文句ないので訴えるとかもありません。
こいつ・・・変態だにゃ・・・

ぷーにゃん

これは元々ではなく、どうしてもこの時間になってしまったのです。

詳しいことは仕事内容で話します。

E-sportsイベントのスタッフの仕事内容

イベントでは、PS4とPCのゲームタイトルがありました。

自分はPCでやるPUBGのスタッフでしたので、パソコン開封から設定までを25台行いました。

パソコンやモニター開封などの専門知識がいらない雑務は、派遣の方も一緒に仕事をしてくれます。

2/9 PM22:00~お店の机などを移動させて会場作り開始
2/10 AM0:00~派遣の人達と25台分のパソコンやモニター開封
2/10 AM3:00~ネット回線設定
2/10 AM5:00~全パソコン設定&ゲームダウンロード
2/10 AM9:00~設定など終り、休憩
2.10 AM11:00~ゲームイベント開始

スタートまでの流れはこんな感じでした。

ここまでで13時間です。
この中に休憩の2時間が入っているので、これ以降正式な休憩はありません。

こんな時間かからないだろと思うかもしれませんが、これはやってみてもらうしか大変さはわからないと思います。

このすごい眠いまま当日のイベントに参加するのです。

正直ここの時間が1番しんどかったです。

眠い中起きてるのことで精一杯でした。

会場風景はこんな感じ。

PUBGの試合は全部で3戦あって、それぞれの試合が始まる30分前が一番忙しかったです。

それ以外でも、パソコンのゲームに触れて見たいということで、ちょくちょくお客さんが来てくれたりしてので、そちらの対応も全部自分たちが行います。

これをイベント終了前のPM20:00くらいまでやっていました。

PM20:00からは、先にPCをコードだけ外して、すぐに片付けることができるようにしておいていいとのことだったので、実質PM20:00から片付けを始めました。

そしてPM22:00のイベントが終わると同時に朝来ていた派遣の人たちとパソコンを片付ける作業に入りました。

2/10 PM20:00~PCを片付けしやすいようにする
2/10 PM22:00~派遣の人達とPC&PS4の片付け開始
2/11 AM0:00~派遣の人達が終電のため帰宅&机などの配置を元通りに戻す
2/11 AM2:00~回線などを片付けて全て終了

仕事の流れはこんな感じでした。

何か特別な作業があるわけでもないのですが、作業を淡々としているイメージです。

何が一番きつかったかは、ほぼオールで1日ずっと作業していたことでした。

帰宅したのは、AM4:00くらい。

なお

車で行ったので終電気にしなくてOKでした

これでやっと終わりです。

自分がここで得られたもの

得られたもの
  • 給料
  • 人脈
  • イベント運営知識

給料

給料は交通費込みで45000円くらいでした。

ぶっちゃけ「こんなもらえるの!?」って感じでした笑

頑張った甲斐があったと思いましたね。

人脈

人脈に関しては前回は増えませんでしたが、今回はまたお会いできそうな映像系の方とお話させてもらいました。

esports全般の大会や海外選手のVlogなどを作ったこともあるかたで、お話しさせてもらえてとてもうれしかったです。

イベント運営知識

知識は、イベント運営全般の事ですね。

どこが映像を管理し、どうやって配信し、裏ではどれだけの人がいて運営が成り立っているかなど。

ネット回線のことなどもそうですが、イベントの前日準備から撤収の片付けまでの流れは、とても勉強になりました。

なぜこれからもE-sportsイベントの仕事をしようと思うのか

自分はゲームがとても好きです。

そのゲームを盛り上げているのは、プレイヤーやゲーム業界だと思っています。

イベント業界に自分は参入するつもりはありませんが、イベントや大会があるから盛り上がっていることは間違いありません。

大好きなゲームを盛り上げたい。でもゲームが特別うまいわけでもない。
ならこういった場所の裏を支えることしか盛り上げることが思いつきませんでした。

それに加えて、お金と人脈と知識が入ってくるわけです。

それらの気持ちがあるから、これだけキツくてもこれからもお手伝いしに行こうと思っています。

最後に

ズラーっと書いてきましたが、結局イベントなんてそんなもんなんです。

普通と感じる人もいるし、ブラックと感じる人もいるし、ホワイトと見る人もいるかもしれないですね。

これがイベント設営の当たり前になんだなって。

嫌ならやらなきゃいいだけで、それでもやりたい人はたくさんいるということ。

だからイベントは無くならないし、これからもっと増えてくると思います。

後、イベントの仕事はやりたい人にしか続けられない仕事だなと感じました。

どの仕事もそうか。

以上、「E-sportsイベントスタッフの仕事は?実際に体験してきた!【ゲームの専門学生が答えます】」でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です