MENU
じゃぱざむLINE@バナー
カテゴリー
なお
じゃぱざむ運営主
20歳 | WEBメディアの会社で部長をやりながら、じゃぱざむ・特化メディア・WEB制作~コンサル・SEOディレクター・投資・就活相談など幅広くやっています。
今井
エンジニア志望の大学生
21歳 | 独学でWebアプリ開発の勉強をしながら、IT系の記事執筆・アイキャッチ画像やバナー画像などのデザインを行っています。

【Flutter入門】プログラミング言語「Dart」とは?できることや将来性について解説!

こんにちは!
今井(@ima_maru)です。

今回は、プログラミング言語「Dart」について解説していきます。

DartはGoogleが開発している比較的新しいプログラミング言語であり、近年非常に注目を集めています。

その理由として、これまたGoogleが開発したモバイル開発フレームワーク「Flutter」の存在があるでしょう。

この記事では、Dartの「特徴」「できること」「将来性」について解説するとともに、よくセットで紹介される「Flutter」という技術についても解説します。

それでは見ていきましょう。

目次

プログラミング言語「Dart」とは?

2011年に公開された新しいプログラミング言語

Dartは、2011年に公開された比較的新しいプログラミング言語で、Googleによって開発されました。

当初は、Webブラウザ組み込みのスクリプト言語である「JavaScript」に代わることを目的に作られた言語でしたが、思うように普及が進まなかったという歴史があります。

ですが、2018年に「Dart 2」が発表され、強力なフレームワーク「Flutter」と共に人気をあげてきています。

スマホアプリ開発で強力なFlutterの開発言語

Dartは、主にモバイル開発における強力なフレームワーク「Flutter」の開発言語です。

Flutterを用いれば、1つのソースコードでAndroidとiOSに対応できます。

一般的なスマホアプリ開発では、Android用とiOS用で異なるプログラミング言語を使い異なるソースコードを書かなくてはいけません。

一般的なスマホアプリ開発の例
  • Android:プログラミング言語「Kotlin」+ 開発環境「Android Studio」
  • iOS:プログラミング言語「Swift」+ 開発環境「Xcode」

一方、Dart+Flutterの開発は、一つのコードでどちらのOSにも対応できる点が非常に魅力的です。

クロスプラットフォーム開発ができる

Dart及びFlutterでの開発は、スマホアプリ開発・モバイル開発でのみ注目されることがありますが、実はWindows/Mac/LinuxといったOSにも対応していることを忘れてはいけません。

そのため、パソコンのデスクトップアプリ開発はもちろん、Webアプリの開発もできる汎用性の高いプログラミング言語になっています。

このような複数のプラットフォームに対応している特徴のことを「クロスプラットフォーム」と言ったりもします。

Dartの一番の特徴は、このFlutterを用いたクロスプラットフォーム開発ができるという点でしょう。

Flutterとは?Dartとセットで覚えておきたいフレームワーク

Googleが開発した強力なモバイルアプリフレームワーク

Flutterは、2018年にGoogleが発表したモバイルアプリフレームワークです。

つまり、スマホアプリを開発するための開発キットのようなもので、その開発をするためにプログラミング言語「Dart」が必要となります。

Android開発とiOS開発をまとめて行える

Flutterの最大の特徴は、Android用のアプリ開発とiOS用のアプリ開発を同時に行えることです。

Flutterを用いて開発を行うと、一つのソースコードでAndroidとiOSどちらにも対応することができます

そのため、Android用とiOS用で分けて開発を行うという手間が減ります。

React Nativeよりも人気?

Flutterのようなフレームワークはいくつかありますが、中でも人気なものが「React Native」でしょう。

モバイル開発においてどちらも人気の開発技術ですが、FlutterのほうがReact Nativeよりも人気というデータも出ています。

プログラミング言語「Dart」の将来性

Googleの新OS「Fuchsia」でFlutterが標準実装

Googleが開発している「Fuchsia」というOSに、Flutterが標準実装されると言われています。

このOSは、Androidの後継OSになると言われていて、その普及とともにDart及びFlutterの需要も高まることが予想されます。

Android開発とiOS開発を同時に行える

Flutterを用いれば、Android開発とiOS開発を同時に行えるクロスプラットフォーム開発ができます

そのため、AndroidエンジニアとiOSエンジニアを別々に雇う必要がなくなります。

近年このようなクロスプラットフォーム開発の流れが来ており、その例としてMicrosoft製品がReact Nativeで書き直されたことなどが挙げられます。(クロスプラットフォーム化)

Dart+Flutterは、モバイル開発におけるクロスプラットフォーム開発で良い選択肢なので、今後の活躍に注目です。

注意点
  • 現状それぞれのOSの細かな違いが原因で、Dart+Flutterでは実装できない機能などがあります。

Flutterの人気が上昇中

近年、Flutterの検索数は右肩上がりに上がってきています。

このことからも、Flutterに注目が集まっていることがわかりますね。

今後、モバイル開発におけるメジャーな開発手法になることも十分にあり得るといっても良いでしょう。

以上「【Flutter入門】プログラミング言語「Dart」とは?できることや将来性について解説!」でした!

最後までご覧いただきありがとうございます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる