未経験からでも今すぐプログラミングを学ぶメリットはこちら

誰でも簡単に0からブログを作る方法!この記事の手順通りでサイトが作れます!

なお

こんにちは。じゃぱざむ運営主のなお(@nao_jpa)だよ。

この記事はブログを誰でも手順通りに行えば作成できるような記事になっています。

この記事はこんな方にオススメ
  • サイトを作りたいけど何したらいいかわからない
  • ブログ運営ってどうやるの?
  • どうせ難しいんだろうな

サイトを作る事は、難しいかと思うかもしれませんが、まったくそんなことありません!

手順通りに作れば誰でも簡単にブログを作ることができますよ!

今回は、知識が0だった僕でもサイトが作れた手順を解説していきます!

ブログを作るまでの道のり

 

ブログを作るまでの道のり3STEP
  1. レンタルサーバー契約
  2. ドメイン取得
  3. WordPressダウンロード

これらを簡単に解説していきます。

STEP1.レンタルサーバー契約

我が家の土地みたいなものです。

なお

土地を所有しないと家は建てれないですよね!

それと一緒でサーバーを所有しないとサイトが建てれません。

ドメイン取得

簡単に言うと住所です。

なお

どんな場所にも住所があります!自分の家に郵便物が届くのも住所があるからです。

ドメインがないと誰も自分の場所に辿り着けないので用意します。

WordPressをインストール

家にある家具とかですかね。

家具があるから生活ができると思いますが、ブログも一緒でブログをいじるものがないとブログを更新できません。

ブログのデザインや記事を投稿したりするのがWordPressです。

MEMO
他にも「はてなブログ」「アメーバブログ」などがありますが、この記事ではWordPressでのサイトの建て方を解説しています。

なお

ちなみにブログのデザインを自由に変更したり、サイトが運営の手によって飛ばないようにしたいならWordPress一択だよ!

はてなブログなどが運営している中でブログを運営すると、触れてはいけないジャンル(過度の18禁ものなど)に少しでも触れると、今まで積み上げてきたサイトが2度と戻らないものになる可能性があります。

又、サイトのデザインなどを自分好みに変更したい場合はWordPressが一番簡単かつ綺麗にできます。

この他にも独自ドメインといった、自分だけのドメインを持ち、サイトが運営できるのもWordPressの強みです。

ブログを作るのに必要な費用

サイトを運営するだけでの費用ならば、サーバーとドメインの契約と更新をする時のみ費用がかかります。

金額にして合計13000円ほど。

xserver』(レンタルサーバー)で契約するとドメインが永年無料でついてくるキャンペーンを行なっているので、実質年間11000円ほどで済むかも!?

なお

ちなみに僕も(じゃぱざむブログ)xserver利用しています!

レンタルサーバーの費用

レンタルサーバーの費用って聞くだけで高そうですが・・・

実は月に900円〜から選ぶことが可能です!

年間契約だとしても11000円から!(僕はこのプラン)

高いと感じるか安いと感じるかは人それぞれだと思いますが、時給1000円のバイトで考えると11時間働いて、1年間使える土地を貸してもらえることになります。

なお

かなりお得と考えて良いのでは!?

それがエックスサーバーというレンタルサーバーです。

エックスサーバーがなぜ良いのか

この記事ではエックスサーバーでの契約をオススメしています。

サイトで重要とされているのでは読者に不快感を感じさせないことです。

これはGoogleが最も重要としていること(ユーザーファースト)に直結することです。

そのためにレンタルサーバーができることはサイトの閲覧スピードを早めることになります。

又、契約後の画面も見ただけでどこに情報があるかわかりやすいので、サイト作成未経験者の方でも簡単に扱うことができます。

独自ドメインの費用

ドメイン種類が豊富にあります。

選ぶものによっては高いものもあったりしますが、基本的には「.com」が無難なので、こだわりがない限りは「.com」にしましょう。

皆さんがよく目にするのはこれらだと思うので、一つずつ簡単に説明します。

ドメイン平均相場(年間)簡易説明
.jp3000円「.jp」は日本人しか作ることができないことから高い信頼度を誇っています。
そのため値段がドメインの中では高めに設定されています。
.com1000円年間1000円で皆が知っているドメイン。
世界中で最も利用されているドメイン。
.net1100円ネット関連の情報を取り扱うWebサイトなどに利用されることが多い。
.org1300円非営利組織用のドメインではあるが誰でも使うことができる。
.info300円スパムサイトなどで量産されたことがあるみたい。
業界の中じゃあまりよろしくないドメインらしい

先ほども言いましたが、特にこだわりがない限り「.com」で十分です。

独自ドメイン取るなら、レンタルサーバーでも紹介したxserverが運営しているエックスドメインで取得してしまいましょう。

WordPressテーマ費用

ワードプレスには、テーマという誰でも簡単にサイトデザインや記事装飾をすることができるツールが販売されています。

なお

テーマはかなり種類が多く情報も多いので、選ぶのにかなり困ってしまうよ!

テーマは無料と有料のものがあり、有料のものだと高くて25000円で安くて5000円程度だと思います。

かなり細かくサイトをいじりたいのであればテーマはしっかり選んだ方が良いです。

最近のテーマはかなり良質なものばかりなので失敗する可能性は低いですが、あなたの成長スピードや稼げる金額にも影響する場合があるので注意が必要です。

テーマを選ぶ上で大事なポイント
  • 自分がどんなサイトを作りたいかを意識して選ぶ!
  • テーマを作った人の実績を確認する
  • 気になったテーマのレビューを読みまくって絞っていく

僕のおすすめは『JIN』と言うテーマです。(現在はSANGO)

サイト未経験の僕でも用意されている豊富なマニュアルとわかりやすいテーマのおかげでかなり良いサイトができました。

ブロガーのためのテーマ【Jin】が最高だから紹介する!!
案内
自分の文章に自信がない方にオススメの書籍『沈黙のWEBライティング』

なお

ライティング技術をストーリー形式でわかりやすく学べる本だよ!

Xserverでサーバー契約をする手順解説

手順1~サイトに飛ぶ

まずはエックスサーバーのサイトに飛びましょう。

エックスサーバー公式サイト

手順2~申し込み

STEP.1
赤丸の申込ボタンを押す

お試ししないで、すぐ契約しますという方もこちらを押してください。

STEP.2
会員IDを持ってなければ赤丸を押す

STEP.3
プラン選択

青丸にはサーバーIDを入れてください。

サーバーIDはサーバーのURLには一切関係ないので、ニックネーム的なのを入れておけば大丈夫です。

サイト運営する分には『プランX10』で十分なので問題なければ、会員情報を入力を進めてください。

登録が完了したら次のステップに進みます。

手順3~サーバーログイン

STEP.1
登録確認メール確認

登録が完了するとメールが届きます。

下の方にあるインフォパネルのURLに飛びます。

下記のログインフォームに飛んで赤丸メールアドレス又は会員IDと、インフォパネルパスワードを打ちましょう。

STEP.2
ログイン

注意
運営からメールで届いているインフォパネルパスワードを入力してください。登録時に入力したパスワードを入れてもログインできません。

手順4~サーバー申し込み

ログインが完了した後にでてきたインフォパネルの左側に「料金のお支払い」というものが出てくるのでこちらを押しましょう。

青丸の部分は契約前なので皆さんは試用期間とかいてあるはずですが、契約が完了したら通常に変わるので気にしなくて大丈夫です。

そうしたら自分が最初に決めたサーバーIDにチェックを入れます。

次に更新期間を決めます。

なお

僕は毎年(1年ごと)に更新しています。

3か月や半年でやめるつもりなら、無料でサイトを作って公開できるところがあるので、個人的にはそちらでいいと思います。

支払いが終わったら契約完了です。ドメインの取得をしましょう。

ドメインの取得方法

なお

ドメインの取得は簡単だから簡単に紹介していくね!

Xserverが運営しているXdomainにXserverのアカウントでログインし、独自ドメインを購入します。

Xdomainで独自ドメインを入手したら、Xserverのサーバーパネルからドメイン設定を押します。

Xserverドメイン設定の画面の画像

この画面で契約した独自ドメインを入力します。

https://jpazamu.comの場合は「jpazamu.com」だけを入力してください。

Point
  • 「SSL化」にはチェックを絶対に入れましょう。サイトのセキュリティを格段に上げてくれます。
  • 「高速化」にもチェックは入れましょう。サイトスピードを上げてくれます。

なお

早くて1時間ほど、長くて3時間ほどで紐付けが完了するよ!

完了したら次の手順に進んでください。

案内
自分の文章に自信がない方にオススメの書籍『沈黙のWEBライティング』

なお

ライティング技術をストーリー形式でわかりやすく学べる本だよ!

WordPressのインストール手順3STEP

STEP.1
サーバーパネルから簡単ダウンロード

STEP.2
ドメイン選択

STEP.3
詳細設定

ドメインを選択後「WordPressのインストール」タブを開き、赤丸のURLが自分の独自ドメインだと確認したら入力していきましょう。

MEMO
赤バツのところには何も入れなくて大丈夫です

青丸のブログ名が決まっている方は、ここで入力しておいてもいいです。後で変更することは可能です。

ユーザー名とパスワードは忘れないでおきましょう。ログインが必要な場合があります。

STEP.3
インストール完了

赤丸の「ダッシュボードへ」を押せば、WordPressが開き自分のサイトをいじれるようになります。

次からはWordPressの初期設定に移ります。

WopdPress初期設定

最優先でSSL化を済ませよう

まずは設定を開いて一般を開きます。

ここで両方のアドレス(URL)に「s」を追加しましょう。

「http://」→「https://」

ドメインを入手した際に無料独自SSLにチェックを入れたのはこれのためです。

なお

SSLとは通信を暗号化すること!

簡単に言えばサイトの内部情報を第三者に見られないようにするためのものです。

こっちが「http://」

こっちが「https://」

ここ最近ではGoogleがSSLされていないサイト(『https』ではない)は検索結果に反映させないようにしていくとの発表をしていたので、自分の記事を読者に見てもらいたい場合はしっかり設定しておきましょう。

変更できたら下の『変更を保存』を押しましょう。

SSL化はまだ終わっていない。リダイレクト設定も済ませて!

STEP.1
インフォパネルにログイン

インフォパネルにログインします。

そしたらサーバー管理を開きましょう。

STEP.2
.htaccess編集を探す

xserverサーバー管理の画像

見つけたらクリック

STEP.3
編集する方を選択

xserver .htaccess編集の画面

STEP.4
コードをコピー&ペースト
ここのコードをコピー&ペーストしてね
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]
STEP.5
確認

試しに自分のサイトのドメインを「http://自分のドメイン.com」の状態で入力してみてください。

勝手に「https://」に変更されれば完了です。

パーマリンクの設定も先にしておこう

自分が記事を書いた時のurlの設定です。

最初は青丸にチェックが入ってますが、基本的に赤丸の「%postname%」だけが入っていればいいです。

なので『投稿名』にチェックを入れれば大丈夫です。

なお

投稿名以外があるとかなり複雑に見えるから見栄え悪い!

チェックを入れたら保存を忘れずに!

ブログを作る方法のまとめ

以上で完了です。

ブログを作る方法の簡易まとめ
  1. レンタルサーバー契約
  2. ドメイン取得
  3. ワードプレス 設定

WordPressの設定方法はたくさんの方が発信しているので絶対にできるものなので諦めないで頑張ってください。

WordPress未経験者が入れておくべきプラグインはこれ

以上、「誰でも簡単に0からブログを作る方法!この記事の手順通りでサイトが作れます!」でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です