Amazonで利用すべきコスパ最高のサービス一覧

ブロックチェーンとP2Pの違いを解説!

この記事はこんなことが書かれています!
  • ブロックチェーンとP2Pの関係(違い)
  • P2Pの概要
  • ブロックチェーンにP2Pが使われている理由

今井

こんにちは!
今井(@ima_maru)です。

今回は、P2Pとブロックチェーンが混合されがちだなと感じたので、それらの関係、違いについて簡単に解説していこうと思います。

ブロックチェーンとは?仕組みやメリットをわかりやすく解説! P2Pとはなにか?ブロックチェーンにも使われている技術を解説!

ブロックチェーンとP2Pの違いとは?

ブロックチェーンP2Pは、特徴が似ていて混合されがちですが、これら二つの技術には明確な違いがあります。

見ていきましょう。

ブロックチェーンにP2Pが使われているという関係

まず、P2Pというのは、通信方式の一種です。

一方、ブロックチェーン(技術)とは、P2Pをはじめとして、さまざまな技術を組み合わせてできているデータ管理の技術です。

ここで、以下のようなイメージを持ってみるとよいでしょう。

つまり、ブロックチェーンにP2Pが使われているという関係になります。

今井

ブロックチェーンの中にもP2Pが使われているのだから、二つは似ていて当然ですね。

なので、「ブロックチェーンとP2Pの違い」というよりは、「ブロックチェーンとP2Pの関係」といったほうがいいですね。

P2Pとは通信方式の一種

P2Pとは、「誰が誰とでも直接的に接続できる」という通信方式の一つです。

P2P型ネットワーク

この通信方式を使った例として、「Skype」といった通話アプリや、「μTorrent」といったデータ共有アプリなどが挙げられます。

また、よくP2Pと対比される通信方式として、「クライアントサーバ型」という通信方式もあります。

クライアントサーバ型ネットワーク

これら二つの違いは明確で、

P2Pとクライアントサーバ型の違い
  • P2P:誰が誰とでも直接通信できる
  • クライアントサーバ型:クライアントとサーバの通信が基本。

という違いがあります。

P2Pについては、以下の記事で詳しく解説しています。

P2Pとはなにか?ブロックチェーンにも使われている技術を解説!

ブロックチェーンとはP2P通信方式を使った技術

ブロックチェーン技術は、P2Pの技術をはじめとして、さまざまな技術を組み合わせてできているデータ管理の技術です。

ブロックチェーンの技術にP2Pが使われているのは、P2Pの特徴である「非中央集権型」というのが大きいです。

これは、「サーバ」といったような、ある特定のコンピュータだけでシステムを管理していないということです。

これにより、ブロックチェーンのシステムはダウンしにくいという特徴を持ちます。

 

クライアントサーバ型の場合

P2Pの場合

また、みんなで分散してデータを共有しているので、改ざんに強いという特徴を持ちます。

ブロックチェーン技術の中でも、P2Pは大きな役割を担っています

ブロックチェーンについては、以下の記事で詳しく解説しています。

ブロックチェーンとは?仕組みやメリットをわかりやすく解説!

以上「ブロックチェーンとP2Pの違いを解説!」でした!

今井

最後までご覧いただきありがとうございます。