【Apex Legends】敵が見つけやすくなるおすすめ環境設定を紹介!!

なお

こんにちは。じゃぱざむ運営主のなお(@nao_jpa)です!
この記事はこんな方にオススメ
  • 敵を見つけやすいapexの設定が知りたい
  • apexのプロゲーマーはどんな設定をなのか気になる
  • apexのビデオ設定以外でも変更した方が良い箇所がわからない人

この記事ではapexで敵が見やすくなる設定を紹介していますが、あなたのPCスペックと相談しながら最高のパフォーマンスを発揮できる設定を見つけるようにしましょう。

僕が思うに、設定でapexのプロを真似ても自分が見にくい設定はほとんど意味がないと思っています。

なお

仮にプロの設定は大抵見やすいかもしれませんが、自分に合う設定を探すことが最も大切だと思ってる派です。(プロの設定は参考程度)

この記事では「SHROUD」選手の設定を参考にしながら、僕なりにアレンジした設定を紹介していきます。

追記
シーズン5に合わせて入ったアプデでもかなりapexは見やすくなりましたね。
【レビュー】ゲーミングチェアはいらない?勉強や仕事で使えば集中力UP間違いなし?

環境設定(ビデオ)

画面モード

フルスクリーン」推奨です。

「枠ありフル」でも良いとは思いますが、特にこだわりがないのであれば「フルスクリーン」で良いでしょう。

縦横比

16:9(ネイティブ)」です。

こちらも特にこだわりがない限りは「16:9」で良いです。

解像度

1920×1080(ネイティブ)」です。

安定ですね。特にこだわりがないならこのままで良いです。

スペックが足りない人は解像度を少し下げるとマシになる場合があります。

視界

104」が推奨です。

理由は特に知りませんが、プロの設定を真似てドンピシャだったので!

正直、1個ずつ変えて自分に合うのを探しているなら、とりあえず固定して、違和感を感じたら都度変更していけば良いと思います。

なお

一時期「90」に変えてやっていたら敵に弾当たらなくなってマジで悲しくなりました。トラウマです。

色覚特性モード

こちらは人それぞれの好みですね。

稀に変えてる人がいますがこだわりがない限りはデフォルト設定のままでよいでしょう。

垂直同期

無効」が推奨です。

どのFPSゲームもそうですが、遅延は命取りなので無効が良いです。

なお

PCのスペックが低く、70FPS出ないのであれば垂直同期をオンにして良いと思います!

解像度適応の目標FPS

0」推奨です。

どうしてもスペックが足りなくてかくつく人は、60に設定しておくといいかもしれません。

アンチエイリアス

TSAA」です。

自分的に一番大事な設定です。

スペック足りなくてこれ低くする場合は、他を全部下げてそれでもダメだったら!という時にしましょう。

なお

「なし」だとギザギザが増えて敵が見やすくなる!って人もいる!たった2種類だから自分で見比べてみることをお勧めします!(Shroud選手は「なし」でした)
FPSに最適なゲーミングPCを紹介!!自作より安くてかっこいいのマジ??

テクスチャストリーミング割り当て

自分のPCに積んでいるグラボに合った割り当てをしましょう。

低ければ低いほどFPSが上がるみたいですが、自分は最低でも最高でもFPSは変わりませんでした。

なので「4GB」にしています。(SHROUD選手は中の3GBでした)

テクスチャフィルタリング

スペックと相談だとは思いますが、個人的にアンチエイリアスがTSAAならテクスチャフィルタリングは下げていても問題ないと感じました。

実際に最低設定、最高設定の両方を試して見ましたが、変化は感じられませんでした。(アンチエイリアス「TSAA」の状態)

自分は「異方性4x」にしています。

スペックに合わせておけばいいと思います。

アンビエントオクルージョン品質

無効」です。

上げていても恩恵がないので。

サンシャドウ範囲

僕的には人の好みかなと思ったので、少し画質荒いですが見比べて見てください。

サンシャドウ「低」

左上の岩に明かりが反射しています。

サンシャドウ「高」

左上の岩の反射がなくなりました。

サンシャドウ「低」

サンシャドウ「高」

自分は「低」の方が見つけやすい気がしたので「」に設定しています!

サンシャドウディテール

」に設定しています。

上記のサンシャドウ範囲と同じで影は「高」にすると負荷がかかりすぎるので下げています。

なお

「低」でも影は表示されるので、布の上にいる敵とかは見えますよ!(オクタンガントレットでは見えました)

モデルディテール

こちらは「」ですね。

僕的には、くっきり敵が見えるようになりました。

その他

その他は全部「無効」又は「」で大丈夫です。

後、衝撃マークは「低」にしています。Shroud先生〇パクリ

FPSに最適なゲーミングPCを紹介!!自作より安くてかっこいいのマジ??

ゲームプレイ設定

情報表示形式

好きな方を選びましょう。僕は「コンパクト」を使っています。


コンパクト


デフォルト

ボタンヒント

こちらもゲームに慣れるまではオンにしておきましょう。

どのキーで何の動作を行うか教えてくれるやつです。

Xマークダメージ表現

オフ」推奨です。

敵に弾を当てた時にわかりやすくなりますが、下のダメージ値も表示されるので当てた時はわかります。

しかもなんか邪魔くさいのでオフにしました。

ダメージ値

推奨は「スタック」ですが、当ててる感じを味わいたいのなら「両方」がおすすめです。

チームでやるゲームなので、どれくらい敵に当てたかなどの報告は必須になってきますので「スタック・両方」のどちらかにしましょう。


オフ


スタック


フローティング


両方(スタック&フローティング)

プロゲーマーも使っているゲーミングモニターがかなりおすすめ!!これを選べば間違いなし!

シグナル透明度

「フェード」にしています。

遠くにいる小さい敵と一瞬でも被って見えなくなるのを避けるためです。

キル通知

「オン」にしています。

誰がやられたかなど気にしないのであればオフでも良いと思います。(右上のキル欄の話)

ミニマップ回転

「オフ」にしています。感覚?

弾薬切れ時の武器自動切り替え

「オン」にしています。

弾薬切れ時というのは、リロードではなく使っている武器の弾が1発もなくなった時です。

この場合は絶対切り替えないといけないと思うので自動でオンにしています。

スプリント系

オートスプリント・ダブルタップスプリントの欄ですが、どちらも「オフ」です。

オンにする理由が見つからない。

ダメージ発生表現

「2D/3D(両方)」にしています。

敵に弾を打たれたときに、どこから打たれているかわかるようにするものです。

遠くから打たれて、どの方角から打たれたかわからない!といったことはないように強調されるようにしているつもりです。

被ダメージ時にでデスボックスメニューを閉じる

「オフ」にしています。

近くに敵が来ていれば気付きますし、デスボックス漁っているときにどうしてもとりたいものが取れずに開きなおす方が時間ロスなのでオフにしました。

キー設定+起動オプション(プレイしやすくなる?)

照準器エイム

ホールドにしておけば、右クリックを押している間だけAIMモードになります。

慣れかとは思いますが、自分はこっちの方がやりやすかったので、切り替えが慣れない人はこの設定にして見てください。

通信(シグナル)

チームゲーのApexLegendsはシグナルを使えば使うほど、チームとの連携が取りやすく、仲間意識も高まります

なので、野良でやるときのために最低限のシグナル設定をしておきましょう。

最低限と言っても、2つだけです。

敵を見つけたときの「敵発見」と、自分がどこを見ているかの「監視」。

この2つは割と必須だと思います。

何者かの痕跡」はブラッドハウンドやレイスなどといった、敵が近くにいたり、いたことがわかるキャラを使う人は設定しておいた方が良いです。

起動オプション

自分はこちらの4つを入れています。

-novid -threads 8 -freq 144 -high

一つずつ解説していきます。

  • -novid

起動時のオープニングムービーを無くします。

  • -threads 8

自分はCPUがcore-i7なので、「8」か「12」です。

core-i3は「2」か「4」

core-i5は「4」か「6」です。

  • -freq 144

使っているモニターのフレームレートを書いておけば良いです。

  • -high

ゲームを起動してる時の優先度をあげます。

他のアプリケーションを開いてなければ、特に入れる必要性もないような気がしますが一応入れています。

ゲーミングイヤホンはプロゲーマーが使っているのがおすすめ!FPS向けのイヤホンはこれだ!

最後に

この設定にしたからといって、ApexLegendsが強くなるわけではありませんが、やりやすさは変わってくるはずです。

自分も今までH1Z1やPUBGなどをやってきましたが、敵が全く見つけられませんでした。

ですが紹介したApexLegendsの設定で、味方の誰よりも敵を見つけれるようになりました。

なお

ゲームとの相性などもあるかもしれませんが、環境設定は割と大事だよ!

以上、「【Apex Legends】敵が見つけやすくなるおすすめ環境設定を紹介!!」でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。